秒針の音がほどよい雑音になる?

壁掛け時計を選ぶときに何を基準に選びますか?デザインや機能面など選ぶ基準は人それぞれですが、秒針の音を気にされるかたもいるのではないでしょうか。

カチカチと1秒ごとに音がなるタイプと、秒針が連続で動くタイプのものと、秒針のタイプだけでも選択肢が分かれます。特に静かになる寝室で使う時計では、秒針の音が気にならない時計を好まれるかたもいるでしょう。しかし、全く無音の状態というのも意外と落ち着かないという人もいます。部屋で勉強や仕事をするときに、わざと音楽を流すという人もいますし、雑音のあるカフェなどのほうがはかどるという人もいるくらいです。

もし寝室で秒針の音が聞こえない無音の状態を保ったとしても、今度はベッドのきしむ音や外からの音が気になることも考えられます。必ずしも無音がよいというわけでもなく、ほどよい雑音として秒針の音があるほうがよい場合もあります。

じつは秒針の音は落ち着く

そして、秒針の音の特徴として正確に1分間に60回規則的に刻むということがあげられます。これは人間の安静時の脈拍に近いので、気持ちが落ち着いているときのテンポです。また、つい電車の規則的な揺れで思わず眠ってしまったという経験がある人もいると思いますが、規則的なものというのは心地よいものです。秒針にも同じようなことが言えそうです。

このように、見方によっては秒針の音も気持ちが落ち着くものとしてとらえることもできます。壁掛け時計を選ぶ際に、秒針の音の大きさが気にならない程度で選ぶのも一つの方法です。また、壁に掛ける時計であれば、枕元に置く時計ほど直接的に秒針の音が耳につくことはないでしょう。

秒針の音を気にされているかたも、壁掛け時計を選ぶ際に秒針の音というメリットに目を向けてみてはいかがでしょうか。